アスペルガー症候群と高機能自閉症の理解とサポート 杉山登志郎著

これまであまり注目されてこなかった成人の発達障害。別の診断をされ、難治かしているケースも多く見受けられます。さらに良くならないのは、本人に問題があるからだと思われているに至っては大変気の毒なことです。
これらの病態は、白か黒かというものではなく、傾向(スペクトラム)としてとらえる方が有用です。そうかどうかより、そうとらえた方が、その人にとって有用であるかどうかが重要です。こういう病態は、それまで考えたこともなかった人には、にわかには受け入れがたいものです。わかりやすい本を読んで、イメージをつかみ、今起こっていることを、そういう角度から見直してみることが始まりです。
広汎性発達障害、アスペルガー症候群、高機能自閉症など様々な言葉が見受けられ、専門的にはその区別はあるのでしょうが、実際的には、細かいことにこだわるより、大雑把な概念を把握するほうが役立つでしょう。これらの病態の全体像を理解するために、わかりやすい本だと思います。特に家族の方には是非読んでいただきたいと思います。
アスペルガー症候群と高機能自閉症の理解とサポート―よりよいソーシャルスキルを身につけるために

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い