ADHDサクセスストーリー―明るく生きるヒント集 トム・ハートマン著

ADHD、アスペルガー症候群など、軽度発達障害は子供の病気を位置づけられていたため、子供時代に何も指摘されずに青年期、成人に達した人に対して、そういった観点が欠如していました。近年、成人の精神疾患の背景に軽度発達障害が隠れていることが指摘されつつあります。 発達障害についての研究は、当然、脳機能を中心に展開されています。それは疾患と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠障害ガイドブック 治療とケア  太田龍朗著

不眠は大変苦痛なものです。夜、人々が寝静まり、暗く静けさの中で自分だけが起きている・・それだけでも大変な苦痛です。まして、このまま眠れないと、明日の仕事に差し支えるとか、明日○時に起きないといけないのにとか、明日も子供の世話があるから休めるときに休まないといけないのにとか、眠れないと困る事情が頭の中をめぐり出すともっと苦しくなります。あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

躁うつ病を生きる―わたしはこの残酷で魅惑的な病気を愛せるか? ケイ・レッドフィールド ジャミソ著

うつ病に関する本は数多く出版されています。一般向けの解説書、患者さんの体験記、克服の為の様々な方法・・・出版物の中では一番多いくらいでしょう。うつ病は心の風邪と言われて久しく、早期発見し、薬物療法を受ければ○ヶ月で治る!みたいなことが本を初めとする、各種メディアでどんどん空虚な情報が垂れ流しされています。 「うつ病」とひとくくりにいっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リタリンを飲むなら、知っておきたいこと  ジョン・マルコビッツ、リンゼイ・ドゥヴェーン著

リタリンといえば、ネットの中では、話題の多い薬剤だ。依存性が高いとか、リタリンを求めて医者をだまして病院を渡り歩く患者がいるとか、ジャンキーのように、リタリン依存の人をリタラーと呼んだりとか・・・悪名高い、高すぎる。医師の中にも、「リタリンを平気で処方するような輩」と揶揄する人がいる。 まあ、考えてみれば、どんな薬も光と影があるわけだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族のための摂食障害ガイドブック ジェームズ・ロック ダニエル・ル・グラン著

最近は摂食障害の病態も昔と比べてかなり変わってきましたし、これまでの経験から、病態理解の仕方や治療の考え方も随分変わってきたと思います。私自身、20年以上この疾患に関わり、おそらく普通以上にこの疾患と悪戦苦闘してきましたが、ものすごく考え方が変わりました。当初は、母子関係を中心とした分析的な考え方、その後は、家族病理を中心とした力動的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽薬のミステリー パトリック・ルモワンヌ著

偽薬=プラシーボ、この不思議な現象こそ、心身相関現象を解明するカギとなると私は思っています。前にあげたプラシーボの本は、その現象がいかにすごいかを実例を挙げて示したものです。これは、偽薬というものの、医学全体における意味、役割に正面から取り組んだ本です。 偽薬=プラシーボは通常医学で使われる薬剤に本当に有効性があるかどうかを確認するた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラシーボの治癒力―心がつくる体内万能薬 ハワード・ブローディ著

心身相関とは、文字通り心と身体の相互の関係をさします。心の働きが体に影響し、体の変化が心に影響します。内科疾患と思われている病気の中にも心身相関があり、それを追求するのが心身医学なのです。通常の内科疾患の中の心身相関現象を証明するのは大変なことです、そう簡単にはいきません。 しかし、心身相関現象自体は、多くの人が体験しているのではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスペルガー症候群と高機能自閉症の理解とサポート 杉山登志郎著

これまであまり注目されてこなかった成人の発達障害。別の診断をされ、難治かしているケースも多く見受けられます。さらに良くならないのは、本人に問題があるからだと思われているに至っては大変気の毒なことです。 これらの病態は、白か黒かというものではなく、傾向(スペクトラム)としてとらえる方が有用です。そうかどうかより、そうとらえた方が、その人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレスを簡単に解消! 自律訓練法 佐々木雄二著

心療内科の治療の中心をなすとも言える「自律訓練法」の解説書です。自律訓練の大御所、佐々木雄二先生の本なので安心して参考にしましょう。 自律訓練法は、ひとたび身につければ、いつでもどこでも出来る非常に優れたリラクゼーション法です。しかし、身につけるまでには、いくつかのツボがあります。特に受動的集中については理解しにくい概念です。 また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パニック・ディスオーダー入門 不安を克服するために ブロンウィン・フォックス著

パニック障害は、非常に多い疾患です。本人はひどくつらい思いをするのですが、体の調子がおかしくなったと感じるため、通常は内科を受診します。そこでは、どんなに苦しくても、なんど検査しても「検査では異常がない」と言われるだけです。途方にくれて、最後に心療内科や精神科を受診して、あっさりと「パニック障害ですね」と言われます。しかし、問題はそこか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自閉っ子、こういう風にできてます! ニキ・リンコ著

アスペルガー症候群の伝道者のようになっているニキ・リンコさんが、「他の誰かになりたかった」の著者 藤家寛子さんと、アスペルガー症候群特有の感覚について語りあう形で進んでいます。当事者であるからこそ、語れる感覚過敏の世界は、どんな専門書を読んでもこれほどリアルにはかかれていないでしょう。目からウロコが落ちる思いでした。 アスペルガー症候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教えて私の「脳みそ」のかたち―大人になって自分のADHD、アスペルガー障害に気づく 岡野高明著

アスペルガー症候群について少しずつ理解を深めていったとき、ADHDとの関係はどうなっているのだと疑問でしょうがなかった。診断マニュアル的には別の病気と言うことになっているから。しかし、現実的には両方の要素を兼ね備えている人は多い。 その辺の疑問をどう考えるかが、よくわかった。日本のPDD/ADDの代表のようになっているニキ・リンコさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片づけられない女たち サリ・ソルデン著

初めてこの本をみたときには、「そんなことまで病気のせいにするの?」と ふつうの世間の人の反応をしていました。手に取ることもありませんでした。その後、ADHD、アルペルガー症候群など、当初は子供の病気だと思われていた発達に関する問題を抱えて、二次障害、三次障害を来して困っている大人がいることを知りました。 なんということはありません、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたがあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド 吉田友子著

近年、アスペルガー症候群をはじめ、広汎性発達障害が注目されています。かつてはそれほど多くないと言われていたり、自閉症圏の病態なので、普通の生活はできないか、明らかに風変わりであり、普通にみえる人にそんな病名を当てはめるなんてとんでもないという風潮がありました。あるいは、少し前までは、成人の精神疾患をみる時には、ほとんど念頭に置くことすら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスペルガー的人生 リアン・ホリデー ウィリー 著 東京書籍

ADHDとともに、かつて子供の病気とされていた、アスペルガー症候群を初めとした広汎性発達障害が、成人にも多く認められ、そういう人々は別の精神科的診断をされ、治療をうけていることが注目されるようになりました。疾患自体は自閉症関連疾患なので、非常に重い病態にだけそういう診断をつけるものだと思われてきました。しかし、現実には軽度広汎性発達障害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうして私、片づけられないの?―毎日が気持ちいい!「ADHDハッピーマニュアル」  桜井公子著 

「かたづけられない女たち」という本で、注意欠陥性障害(ADD/ADHD)という病態の存在は世に認知されました。なんでもかんでも病気のせいにするな!と批判する意見もありますが、本当に困っている人がいることも事実です。それを本人のやる気のせいにしたんでは、あまりにも気の毒だと思える人たちがいます。 たとえADD/ADHDと診断されたとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パニック障害なんてこわくない! ベヴ エイズベット 大和書房

パニック障害は、普通の生活をある日突然、訳の分からない世界に突き落とされるという、病気です。本人は、死ぬのではないかという恐怖を繰り返し体験するのですが、病院で検査しても「異常なし」で終わってしまい、途方に暮れてしまいます。されに、病気の取り扱いを謝るとこじらせてしまい、悪循環に陥ります。 一概に、パニック障害といっても、背景には様々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思春期やせ症の謎―ゴールデンケージ  ヒルデ・ブルック著 星和書店

神経性食思不振症という病気自体は1800年代から、日本でも江戸時代から報告があります。この不思議な疾患を一つのストーリーとして世に知らしめたのが、ヒルデブルックのゴールデンケージです。この当時は、神経性食思不振症は母子関係など養育体験をベースにして発症する疾患として説明されていました。1970-80年代から、この疾患はどんどん増加し、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心身医学 アレキサンダー著 学術出版

古典的教科書 精神分析家のアレキサンダーが、いくつかの身体疾患の成り立ちを精神分析理論と関連づけて説明しようとした。その後、彼が想像した理論を明確に証明するような科学的事実が発見されないので、その存在価値が過小評価されがちである。しかし、こういった発想は今でも大切であると思います。科学的に証明されないことは存在しないというのは、悪しき科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more