片づけられない女たち サリ・ソルデン著

初めてこの本をみたときには、「そんなことまで病気のせいにするの?」と
ふつうの世間の人の反応をしていました。手に取ることもありませんでした。その後、ADHD、アルペルガー症候群など、当初は子供の病気だと思われていた発達に関する問題を抱えて、二次障害、三次障害を来して困っている大人がいることを知りました。
なんということはありません、はじめからそういう人たちは目の前にいたのです。ただ、別の診断名をつけたり、できないことを心理学的に解釈しようとしていただけなのです。
ある時期から、その間違いに気づき、いろいろな本を読みあさりました。世の中とは不思議なもので、自分の変化と同時に、そういう書物がたくさん出版されるようになってきました。共時性といいますが、気づきは世の中で同時多発的に起こってくるのだと思いました。
この本は、ADD傾向を持つ人が成人に達したときに、どのように困るのかが非常にわかりやすくかかれています。今では、多くの人に認識されるようになった、大人の発達障害という問題をあつかった先駆けの書物だと思います。読むときは偏見をすてて臨みましょう。
片づけられない女たち

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
かわいい かわいい