たけうち心療内科推薦本

アクセスカウンタ

zoom RSS プラシーボの治癒力―心がつくる体内万能薬 ハワード・ブローディ著

<<   作成日時 : 2006/09/16 23:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

心身相関とは、文字通り心と身体の相互の関係をさします。心の働きが体に影響し、体の変化が心に影響します。内科疾患と思われている病気の中にも心身相関があり、それを追求するのが心身医学なのです。通常の内科疾患の中の心身相関現象を証明するのは大変なことです、そう簡単にはいきません。
しかし、心身相関現象自体は、多くの人が体験しているのではないでしょうか。何らかの心理的要因によって、症状が良くなったり悪くなったり、あるいは宗教的とか非科学的と思える方法で病気が改善するなど、見聞きしたことがあると思います。
心身症の根幹をなす、心身相関現象を確認するための非常にわかりやすい例として、プラシーボ(偽薬)効果が上げられます。「効くと思って飲めば、小麦粉でも病気が治る」というやつです。世の中には、プラシーボ効果で驚くような現象が起こることがあります。「ガンが治った」という話もあります。それを信じるも信じないも自由ですが、私なぞは、そういう現象の中に、人の心の実力を素直に認めてしまいます。それだけの力があるのなら、他のことにも応用できるのではないか。あるいは、病気を治すというより、心の状態を良くすることで結果として症状を軽減することができるのではないか、などなど、想像がふくらみます。
固定観念が現実を固定させてしまうことがあります、先入観をすてて、現象を観察し、発想の転換をすることで、固定した現実を換えることができるかもしれません。
プラシーボの治癒力―心がつくる体内万能薬
プラシーボの治癒力―心がつくる体内万能薬

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい
プラシーボの治癒力―心がつくる体内万能薬 ハワード・ブローディ著 たけうち心療内科推薦本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる