たけうち心療内科推薦本

アクセスカウンタ

zoom RSS アスペルガー的人生 リアン・ホリデー ウィリー 著 東京書籍

<<   作成日時 : 2006/08/30 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ADHDとともに、かつて子供の病気とされていた、アスペルガー症候群を初めとした広汎性発達障害が、成人にも多く認められ、そういう人々は別の精神科的診断をされ、治療をうけていることが注目されるようになりました。疾患自体は自閉症関連疾患なので、非常に重い病態にだけそういう診断をつけるものだと思われてきました。しかし、現実には軽度広汎性発達障害の方は、ある程度の適応力があるため、成人になるまで気づかれずにすごしてしまうことが多いです。環境が変化し、ついにその状況に適応できなくなって、症状化するのです。
子供の時から何かしら、他の人とは違うと感じつつ、何とか見よう見まねで、あるいは精一杯努力して適応してきたものが、ついに適応出来なくなったときには、本当にどうしてよいのかわからなくなってしまうものです。
まずは、アスペルガー、あるいは広汎性発達障害であることを自覚し、自分の長所短所を理解し、できるだけ困らない社会との関わり方を開発していくことになります。この本は、アスペルガーであるために、如何にとんちんかんな行動をとってしまうか、そして、現実的にどう対処していくと良いかが当事者としてわかりやすく書かれています。特に、後半には対処マニュアルが書かれているので参考になると思います。
アスペルガー的人生
アスペルガー的人生

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アスペルガー的人生 リアン・ホリデー ウィリー 著 東京書籍 たけうち心療内科推薦本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる